完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

後ろで手を組むポーズが苦手な人へ【基本的な考えとコツについて】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は後ろで手を組むポーズが苦手な人に向けた内容です。

練習における基本的な考え方とコツについてお話します。

 

後ろで手を組むポーズとは、こんなポーズのことですね。

 

 

結論から言うと、「握手するように手を伸ばすこと」です。

 

実際にやってみると分かりやすいです。

ただひねった場合。

誰かと握手しようと手を伸ばしながらひねった場合。

 

後で手を組む動きではないですが、座った前屈も違いが分かりやすいです。

ただ手を伸ばした場合。

誰かと握手しようと伸ばした場合。

 

握手しようとする手の形が筋肉の連携を誘導してくれます。

手を開いて動かした時と明らかに違いが出るので、試してみてください。

 

 

後で手を組むポーズ。

サンスクリット語だと「バッダ・〇〇」という言い方になります。

「バッダ=束ねた」という意味です。

「トリコナーサナ=三角のポーズ」と「バッダ・トリコナーサナ=束ねた三角のポーズ」の違いはこんな感じです。

 

トリコナーサナ。

 

バッダ・トリコナーサナ

背面で手を束ねていますね。

 

 

ちなみに、どちらの手でどちらの手首を持つかはどっちでもよいです。

 

何故なら、握手しに行った方の手の背中側がより活性化するという違いがあるだけだからです。

上の手(背中)、下の手(背中)のどちらをより活性化させるかで使い分ければよいですよ。

 

 

ではバッダ・トリコナーサナを通じて握手のイメージを掴んでいきましょう。

後で手を組むポーズが苦手な人は、とにかく反対側の手を掴みたがり過ぎます。

その結果肩が引っかかっていまいます。

最初は遠くの人と握手しましょう。

すると自然にもっと深いところまで手が届きます。

 

上の手も握手するつもりで。

持ってきて掴めばやりやすいですよ。

 

 

バッダ・パリヴリッタ・パールシュヴァコーナーサナ(手をつないだひねった体側を伸ばすポーズ)の場合でも同じ。

 

まずは遠くの人と握手するように腕を伸ばしてください。

 

すると腹筋を使ってしっかりと身体を畳むことができます。脇が太ももとくっついた状態になります。

 

余裕があるので、そのまま更に足の隙間から遠くに握手すると掴みやすくなります。

 

 

組むことをゴールとしてしまうと、指先を伸ばそうとしてしまい握手の形が崩れます。

すると、上手く体幹の筋肉が使えずに動きが止まってしまいます。

 

 

手を自分の体から離そうとするのではなく誰かと繋がろうとすると動きが良くなる。

なんだかヨガらしくて面白いですね。

 

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:後ろで手を組むポーズが苦手な人へ【基本的な考え方とコツについて】

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方など、スタジオに来るのが難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です