完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

ブリッジ(上向きの弓のポーズ)が出来ない人へ【後屈の基本の考え方と練習方法の紹介】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はブリッジが苦手な人に向けてです。

 

 

これはコツもルールも鬼の様にシンプルです。

反らない事。

伸ばさない事。

そして、押す事

これを守って練習するだけです。

 

結果として反る。

結果として伸びる。

はオッケーです。

 

 

そしてどう押すかというと、肩甲骨の下から手のひらと踵の前側を押す事。

ただただこれだけです。

 

 

後屈が苦手な人は、背中の筋肉が使えていません。

受動的に背中が寄る様に動かしているので、動きづらいしケガの原因になります。

背中を能動的に使う事が大切です。

その為に押すと感覚がとても大事です。

 

 

押すという事は押した反作用が身体に戻ってくるので、どこに力が入っているか、きちんと身体が連携しているかを確認しやすいからです。

押せない場合は、押せる体勢に変更して練習する事もまた大切です。

 

 

そんな訳で、ブリッジが苦手な人は戦士のポーズ1からはじめましょう。

肩甲骨の下から指先と踵の前を押すようにしてポーズをとります。

踵の前を踏む力を肩甲骨の下を通じて指先に伝える様なイメージです。

 

 

それが分かったらこうします。

上と同じ事をします。

踵の前を踏む力を肩甲骨の下を通じて肘に伝える様なイメージです。

 

 

これが分かったらこうします。

上と同じ事をします。

踵の前を踏む力を肩甲骨の下を通じて指先に伝える様なイメージです。

 

 

この時に大切なのが、反れるかどうかではありません。

また、伸びているかどうかでもありません。

キチンと踵の前で踏めているか、いざ指先でものを押そうとした押せる状態か?

という事が大切です。

 

 

支点が腰や股関節ではなく、肩甲骨の下にしてください。

(注:股関節は股関節として視点で機能します。頼り過ぎないという意味です。)

 

 

で、これが分かったら次はこの練習をします。

ハーフドッグ。

これも肩甲骨の下から手のひらと踵の前を押します。

 

 

そして、これが分かったらこう押します。

 

押しながらひっくり返ります。

 

この時肩がひっかかりやすいので。

 

肩甲骨の下から押しましょう。

 

ちょっと分かりづらいので動画でどうぞ。

 

 

 

これが分かるとこれも出来ます。

ダウンドッグから。

 

クマーラシュワナーサナ。

 

ワイルドシング。

 

ブリッジ。

 

これも動画の方がイメージ掴めると思うのでどうぞ。

 

 

では実際ブリッジをする時。

まずは橋のポーズの土台から。

肩甲骨の下から前腕を押して胸を持ち上げます。

 

これも一緒。肩甲骨の下から手のひらを押します。

 

そしたらこの態勢でも一緒。この態勢からはしっかりと踵の前も意識しましょう。

 

すると、こんな力の流れになります。

 

 

戦士のポーズ1が出来れば、上向きの弓のポーズも出来る!!

チャレンジポーズに挑む時、基本の深掘りが大切になってきます。

目の前の出来る事をもっと出来る様にした時、今自分の手元にあるものが自分が思っている以上に価値のあるものだったと気付けますよ(^^)/

 

 

この内容は動画でも説明しているので、良かったらご確認ください。

動画:ブリッジ(上向きの弓のポーズ)が出来ない人へ【後屈の基本の考え方と練習方法の紹介】

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です