完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

スクワットが苦手な人へ【深くしゃがむ為の練習方法】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はスクワットで深くしゃがむのが苦手な人に向けて、練習方法についてご紹介します。

 

 

スクワットをした時に、お尻を深く下げるのが苦手で。

 

腰が丸くなってしまったり。

 

踵が浮いてしまう人。

 

そんな人は、準備運動の伸脚で踵をついたまま深くしゃがむのも苦手だったはずです。

僕自身もそうでしたから。

ということは、そんな人でもきちんと効果のある方法だということです

実際に生徒さんもやっている方法なので、硬い人でもご安心あれ。

 

 

今日ご紹介する方法は3段階。

1、踵に何かを敷く

2、お腹を伸ばす

3、意識的に股関節を窮屈に使う

です。

 

順番に説明していきますね。

 

 

まず何といっても一番良い方法はこれです。

踵にブランケットなどを敷いて。

スクワットしてください。

これはシンプルながら最強の方法です。

 

一つコツを付け加えると、ブランケットの上にただ乗るのではなく、積極的に踵の外側でブランケットを押してください。

この違いは、自分で試してみるとよく分かりますよ。

 

とはいえ、乗っているだけでもかなり楽で効果的です。

ポーズの練習の基本はいかにしてキープを楽に出来るようにするかを考えることですから。

これは、他のポーズにも当てはまる原則なので、頭の片隅に置いておくとよいですよ。

 

 

では次の段階。

スクワットを深めるには、丸まらずに身体を起こす必要があります。

でも、身体を起こすのに無理に腰を反ってしまい、緊張させて逆に固めがちです。

それよりもお腹を伸ばしましょう。

股関節に余裕のある位置でバンザイをしてください。

これによってみぞおちを引き上げます。

 

みぞおちを引き上げた感覚を残したままゆっくりとお尻を落としていきましょう。

胸を持ち上げた後の方が、しゃがみやすくなるのを感じられると思います。

 

 

最後は積極的な方法です。

ちょっと大変だけど、出来るととっても効果的です。

股関節周りの筋肉を活性化させることで柔らかくします。

 

スクワットの状態から、こんな感じで後ろで手を組んでください。

 

手は逆ですが、横から見るとこんな感じです。

組んだまま反対側の上を向いてください。このまま数呼吸キープしましょう。

腕を組んだ方の股関節にしっかりとはたらきかけます。

普段使っていない股関節周りの筋肉に刺激が入りますよ。

ただ、結構大変なので、この辺はお好みで。

 

 

股関節周りの筋肉を動かしやすくなるので、開脚にもよい影響がありますよ。

 

 

足首の硬さが原因でスクワットが苦手な人には特に今日のアプローチはおススメです。

足首が硬いままでも股関節に刺激を入れることが出来ますからね。

 

 

踵が浮かない人もブランケットに乗ってみると、より楽に力強くできますよ。

タオルなど家にあるものでいくらでも代用できるので、スクワットが苦手な人は是非お試しあれ(^^)/

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:スクワットが苦手な人へ【深くしゃがむ為の練習方法】

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

zoomによるオンラインレッスンをはじめました。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です