完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

プロフィール

芹澤 宏治(せりざわ こうじ)のプロフィール

身体の硬い人の為のヨガインストラクター/少林寺拳法四段/元立教大学少林寺拳法部監督

どうして身体の硬い人のヨガインストラクターになったのか?

今の仕事をするに至った経緯からお話できたらと思います!良かったらお付き合いいただけたら嬉しいです。

きっかけは大学の部活の夏合宿

僕は、大学の時、少林寺拳法部に所属していました。

バリバリの体育会です。普段の練習からもちろん厳しいですが、夏合宿は更に厳しいものです。

学年が上がり自分が練習を指導する立場になった時、どうしたら部員が厳しい練習を心身ともに前向きに乗り切れるかを考えました。自分なりに考え、一冊のセルフマッサージの本を買いました。

そこに描いてある内容を自分に試した結果、練習の疲れが軽減するのを感じました。

そこで、夏合宿前の強化練習からメニューにセルフマッサージを取り入れたところ、部員のコンディションが良い状態で練習できるようになり、体の事に興味を持つようになりました。

高校から少林寺拳法に打ち込んで来た為、いざ就職活動の時期になってもあまりイメージがわきませんでした。

就職活動

銀行からの内定をいただくも、体に関する仕事への興味がどこかに引っかかっていました。

そんな時、整体の仕事をしている友人から連絡があり、「体の事に興味があるなら、やってみないか」と誘われ整体の会社に就職しました。

 

会社の人間関係に巻き込まれ、ひと月で無職に

就職したのもつかの間、ひと月ほどで会社の技術顧問がいなくなるという事件がありました。

友人のお師匠さまです。当然友人も会社を離れます。

学ぶ人がいなくなってしまうので、自分も一緒に辞める事に。同期で一番早い退職でした。

一年の浪人生活

お師匠さまの元で働こうにも、お店のスタッフに空きがありません。

「新しい店舗ができたら呼ぶから」と言ってくれたものの、何の保証もありません。

ただ、今振り返ってみるとこの時期にとても良い経験ができました。

バイトで生活費を稼ぎながらも独学ながら勉強する時間に多くを費やす事ができましたし。

新店舗を探す手伝いをしたり、深夜の整体営業を経験したり、バイトも色々な職種を体験できました。

先の見えない不安と、そんな不安な気持ちで友人と飲むと泥酔しすぎて知らない間にタクシーで返されているという事も経験できまいた。

一年かかりましたが、無事お師匠さまの元で就職する事ができました。

これが、前職のストレッチ専門店です。

 

ストレッチトレーナー時代

最初はストレッチの施術のみ

最初はコンディションをよくする為のストレッチでした。

施術の方法としてストレッチをしていました。その結果もちろん柔軟性も向上しますが、体調を良くすることがメインでした。

この時の経験が、今に非常に役立っています。

ただ、この頃はクライアントさんのリピート率が悪い不人気トレーナーでした。

ストレッチ指導、開脚の専門家

2、3年たち、お店の方向性が段々とストレッチでの柔軟性向上にシフトしていきました。

特に開脚希望のクライアントさんが多く、知識と経験を積ませて頂きました。

そのおかげで、この頃になると、店舗数も増えている中、社内の実績でも1位を取るようになっていました。

ただ、自分自身の体の事になると、「開脚で胸はつくけどお腹がつかない」「踵をつけたまましゃがめない」など、ストレッチの専門家にも関わらず成長が止まっている部分に疑問を持つようになっていました。

姿勢指導、ウォーキング、ランニングの専門家

もう2、3年が経つと、お店の方向が姿勢指導にシフトしていきました。

それと合わせて、ウォーキングやランニングの指導もするようになりました。

この時の経験が、現在ヨガのポーズを姿勢や日常動作と結びつける能力を育ててくれました。

ランニング雑誌のイベントの講師をする機会も持てました。

当時は月間200キロを常時走っていました。

一番多い時で月間400キロも経験しています。

フルマラソンの完走だけでなく、大会ではないですが100キロ走(池袋〜箱根間)も経験しました。

この頃は同時に大学の監督もしていたので、スケジュールが大変でした。

普段のスケジュールが「仕事前に1時間走って、10:00〜21:00まで仕事」

週一回の休みの日のスケジュールが「午前中30キロ走って、16:30〜20:30まで指導して、22:00から来週に向けた練習課題を整理してから寝る」

という生活を数年続けていました。

「朝、起きれない」事件

そんな生活を続けていると、ある日朝起きたら動けないという状況を経験します。

休日、7:00に目が覚めるも、腕がギリギリ伸ばせるくらいしか動きません。

お腹に全く力が入りません。テレビのスイッチを入れたまま全くそれ以外の事が出来ません。

15:00位までそのままだったのですが、大学の指導の時間が迫ってくると気力で起き上がる事が出来ました。

なんとか指導して帰ってこれたものの、疲労の限界だったようです。

深呼吸すら出来ず、体が全く反れなくなっていました。

この状態を救ってくれたのが、ある一冊の本との出会いでした。

 

ヨガの「本」を読んだだけで疲労が回復した!?

その時点でヨガは未経験でした。

ところが、本に書いてある通りのポーズをとって呼吸をしたら、深呼吸ができる様に戻ったのです。

本に載っているポーズを順番にしていくことで、体に生気が回復してきたのです。

これが一番最初のヨガとの出会いでした。

そして、ヨガを学ぶ事で、ストレッチだけではどうしても解決しなかった自分自身やクライアントさんの硬さが柔らかくなる事を経験しました。

 

ヨガへ

ストレッチの会社を辞め、ヨガを伝えるべく「顔晴るジム」をオープンしました。

とはいえ、最初は自分自身の体はかなり硬かったです。

ダウンドッグで踵はつかなかったし、背中も硬くてこんな感じでした。

でも、ヨガの素晴らしいお師匠さまと出会い、学びを深める内に、「身体の使い方次第で成長し続ける」という事がわかるようになりました。

そして現在

開脚でお腹がつくようになったし。

背中もかなり柔らかくなれました。

今年(2019年)で42歳になりますが、身体は進化し続けています。

生徒さんからはこんな声をいただいています

実際に、通っている生徒さん方からは

→11月頃より始めてから、(2月には)90kgあった体重が85kgまで。ただ歩いているだけで普段の生活をつづけることで代謝が上がってきたことを実感し、結果ダイエットにつながった

☑️「ゴルフでボロボロになった身体の感覚を戻したい。」

→・満足しています。・ゴルフが上達しました。・膝のハリがなくなりました。

☑️「①右肩の痛み 腕を動かしたり、物を持ったりすると肩関節の辺りに痛みが出ていました。②身体の硬さ全体的に柔軟性が低下していました。」

⇨始めに丁寧に悩みを聞いて下さり、その原因を見つけて頂いたので、とても心強く感じました。施術中も楽しく和ませて下さったり、「こういう感覚ある?」と問いかけて下さったりと、安心して身体の声に耳を傾ける環境にして頂け、自分の感覚が掴みやすかったです。

肩甲骨周りが動かしやすくなたことで日常生活に戻ってからも痛みが出る回数が激減し、教えて頂いたストレッチを気持ち良く続けています。

☑️「肩が痛くてすぐに肩があがってしまう。姿勢が悪い。身体が硬い」

⇨毎回身体が変化するのが実感でき、くるのが毎回楽しみです。今日で4回目ですが肩の痛みがなくなりました。

☑️「右足の股関節の筋肉が痛かった(2年半前から。)階段を昇る事がつらく、やっと6月から大丈夫になったがまだ不安が残り早く治して動きまわりたいと思った」

⇨説明を聞くとなるほどと思い、スキーも自信を持って滑れるようになり、皆から去年と変わったと言われました。

などと嬉しい声をいただいています。

ありがとうございます!

 

僕が提供するサービスに込めた思い、あなたに約束できること

僕は、「自分史上最高の自分になりたい」という成長への意欲を全力でお手伝いします!!

好きな事をより好きになる為に!
好きな事をずっと続けられる健康な身体でいられる為に!

出来ないのではないんです。知らないだけです。

身体の硬い人はいません!
いるのは、身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

「どんなに練習しても身体が硬い。。。」そんな悩みを持った方に対して、「正しい身体の使い方、練習の仕方」をしって頂く事で、自分自身で自分を成長させる力を培っていただきます。

絶対大丈夫!あなたにもできる!!!

だって僕自身硬いところから柔らかくなりましたからね!!

 

僕の喜び・夢

あなたや、あなたの会社の想い・良さを1人でも多くの人に届けるお手伝いができた時。そして喜びの声を聞けた瞬間っていうのは、自分のブログで成果が出た時以上に嬉しいんですよね!!

なかなかうまく思った事を伝えられない、そんな苦痛を誰よりも知っています。

だから、

  • 「どんなに頑張っても、全然柔らかくならない。」
  • 「自分は生まれつきなので、硬いままでも仕方ない。」

こんな風に今悩んでいる人に、正しい身体の使い方や練習の仕方を知ってもらって、
「生まれて初めて前屈で手が足を越した


「2年間自主練習で全く練習が進んでいなかったの開脚で胸がついた


って喜んでもらう事が、僕の使命であって、一番の喜びです。

ヨガで幸せになれる人、心身が健やかで力強い人をもっともっと増やすことが僕の夢です。

そして僕自身も、もっともっと身体の使い方を極めたいです。

極めて掴んだ事を、どんどん伝えていきたいです!!

 

芹澤のちょっとした情報

■1977年7月28日生まれ。今年(2019年)が本厄のはずですが、今の所楽しく過ごせています。ごくたまにタイやインドネシア出身だと間違われますが、一般的な日本人男性です。

■沖縄出身と言われることもありますが、実家は埼玉です。

■既婚。1歳の息子がいます。

■現在は監督は離れていますが、少林寺拳法は現役です。

■性格⇒真面目、誠実だけど、ちょっと適当。チョケるのが好き。打たれ弱い

■好きな食べもの⇒どら焼き(うさぎや)

■好きな事⇒出来なかった理由がはっきり分かる瞬間

■好きな漫画⇒ONE PIECE、HUNTER×HUNTER、進撃の巨人、僕のヒーローアカデミア、サマータイムレンダ(←めっちゃ面白い)

■苦手なモノ⇒依存的な人、他罰的な人、やたらイケてる感を出す人

■好きな言葉⇒「それに相応しい自分になった時、それは向こうからやってくる」「ポーズは完成しない。洗練させるのみ」「神様は上手く行かせる為にいつも策を練っている。我々は可能性に開いて、それを受け取るのみ」

僕の想いはただ一つ。

「毎日をワクワク過ごしている人に囲まれて過ごしたい」

それだけです!

このブログでは僕がもっている知識や情報を包みなく公開しています。
基本的には、このブログの情報をもとに顔晴ってもらえれば成果が出るとは思います。

もし、どうしても一人では難しい…!
実際に感覚を摑みたい!

そう感じた時は、パーソナルレッスンを体験してみてください。

 

実績

資格

全米ヨガアライアンスRYT200取得

エクロールヨガ養成講座220時間修了

studio BiNDU Tapasyaコース108時間修了

yoga ed.プロフェッショナル・インスティテュート修了

少林寺拳法四段

 

経験

1999年関東学生少林寺拳法大会初段の部 優勝

1999年少林寺拳法全国大会初段の部 4位

2000年関東学生少林寺拳法大会二段の部 2位

2003年少林寺拳法東京都大会三段の部 優勝

2002年~2012年 ストレッチ専門店に勤務しチーフトレーナーを経験

2003年~2013年 立教大学体育会少林寺拳法部コーチを経て、2008年より監督を務める

2013年より顔晴るジムをオープン

 

メディア実績

TV

日本テレビ 『ニュースエブリ』 カラダウィークコーナー (2016年11月7日)

 

本・雑誌

夢の360°開脚を叶える本 監修 エイ出版社 (2016年10月14日)

s_20161014021-197x197.png

 

からだにいいこと(2017年2月号)

”カタイ体”をほぐすだけで誰でもラクラク「下半身ヤセ!」監修

からだにいいこと.jpg

 

ストレッチ完全ガイド 晋遊舎 (2017年5月26日)

「ペターっと開脚ストレッチ」監修

ストレッチ完全ガイドjpeg.jpg

 

身体がかたくても大丈夫!!のびのび開脚ストレッチバンドBOOK 監修 宝島社 (2017年6月23日)

0000000050662.jpg

 

セミナー

RUNNINGstyle 主催

ランスタのランニング教室 第7回「360°開脚でラクに走る!」(2017年1月28日)

IMG_4919.JPG

studio BiNDU 主催

体の硬い人の為の成長練習法 (2018年2月10日~12日)

うららかヨガ 主催

体感する解剖学 ~体の取り扱い説明書を創ろう~ (2018年11月3、4日)