完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

パリガーサナ(門のポーズ)のコツと練習方法について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はパリガーサナについてお話します。

グループレッスンではそんなに出てこないポーズだと思いますが、とても良いポーズなので是非自主練習で取り組んでみてください。

動きづらい胴体にアプローチできるポーズです。

 

パリガーサナの効用

パリガーサナの効用です。

・骨盤周りをゆるめる

・肋骨が動きやすくなる

・背骨が動きやすくなる

・ツイストポーズの準備ポーズ

・三角のポーズ(トリコナーサナ)の準備ポーズ

・開脚の準備ポーズ

など

 

ここで面白いのが三角のポーズの準備ポーズなんだけど、三角のポーズよりもしんどいです。

三角のポーズと比べて、パリガーサナの方が膝をついている分だけ骨盤周りの遊びがなくなります。

その為、ごまかしがきかなくなり、しっかりと筋肉を使う必要があり、その結果しっかりと伸びます。

その分、体の使い方をしっかりと覚えられて、三角のポーズでもごまかさずにしっかりと筋肉を使って伸ばしたいところに効かせながらポーズがとれるようになります。

 

軽減法として考えると、三角のポーズの方がパリガーサナの軽減法となりますね。

面白いところです。

 

ごまかしが効かないので、パリガーサナは骨盤周りや背骨、肋骨といった胴体の動きを学び実践するのに大変適したポーズといえます。

 

やり方

1,膝立ちになります

つま先を立てていても寝かしてもどちらでも大丈夫です

 

2,足を横に出します

つま先が真横で難しい場合は、ななめ前で大丈夫です

 

3,手を横に広げます

 

4,手の甲を伸ばした足の上を滑らせながら側屈をします

このまま3~5呼吸キープします

 

注意点

膝を下に押さないこと。

体重は上から下ではなく、下っ腹から足元への力の流れを意識してください。

 

コツ

側屈しづらい人は、先に肘を自分の背骨につけるように動かしてから側屈してください。

 

あばらは伸びるけど骨盤周りが伸びない人は、先に上下に伸びてから側屈してください。

膝で押した力で腕を遠くに伸ばすようにしながら側屈します。

 

軽減法

ブロックで上体を支える

 

母指球でブロックを踏む

どちらも基盤が安定します

 

発展法

つま先を持つと、ハムストリングスが良く伸びます。

 

準備ポーズ

下半身が硬い場合、伸ばそうとしてもロックがかかって動かなくなることがあります。

 

その場合は準備ポーズとして、膝立ちで肘を抱えて側屈してみてください。

胴体が伸びる感覚が掴めます。

パリガーサナでの感覚を準備ポーズで掴みましょう。

 

基盤を変えても、同じ胴体の伸びを感じられる様に練習してくださいね。

 

まとめ

ポーズができることを目標に練習するのはよいことです。

 

ただ、それと同時に、そのポーズが本来もっている効果を受け取るつもりで練習してみてください。

すると、軽減法や準備ポーズが思いつくようになり、無理なく、そして心地よく力強く練習出来るようになります。

その練習を繰り返すことで自然と柔らかくなりますからね。

 

パリガーサナの効用は胴体(骨盤、肋骨、背骨)の動きをよくすることです。

パリガーサナを練習しながら、その恩恵を受け取ってくださいね。

 

みなさんの練習が心地よく力強いものとなりますように。

 

動画で見たい人はこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です