完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

三日月のポーズが苦手な人へ【お腹の伸ばし方・腕の上げ方のコツについて】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は三日月のポーズが苦手な人に向けて、力強く心地よくためのコツについてお話します。

 

 

本当は腕を上げた方がよく伸びるのに。

 

むしろ腕を上げたせいで肩がつまったり腰を傷めたりすることが少なくないです。

 

この記事を読むことで

・三日月のポーズでお腹が伸びる感覚がわかる

・腕を上げるポーズでの使い方のコツがわかる

・後屈での背中の使い方が上達する

といった効果があります。

 

 

まずは腕を上げたことでお腹が伸びやすくなる感覚を掴むことが大切です。

最初は片手を前から上に上げるだけ。

腕を上げることでお腹が伸びるという関係性を掴みましょう。

 

側屈しながらやると更に伸びます。

 

そのまま斜め前に伸ばすと更に伸びます。

 

この感覚を掴んだら両手を上げましょう。

 

でも、ここからすぐに後ろに手を持っていく前にワンクッション入れましょう。

手を組んで肘を上に伸ばすようにしましょう。

この時、手を頭で押す事で、背中の筋肉が活性化されます。

 

 

そこからゆっくりと肘を伸ばしていきましょう。

そうすると、背中の筋肉を使ってお腹を引っ張り上げている感覚が掴めます。

後屈の基本感覚ですね。

 

 

ひとつひとつの動作には意味があります。

形をマネしてやりづらかった時は、必要な動きができていなかったサインです。

 

 

その動作はしなければいけないことではありません。

その動作をした方が、ポーズが心地よく力強くなるためのものです。

 

 

腕は上げなければいけないものではなくて、上げた方がお得なものです。

この事実をヒントに、ポーズを自分なりに研究してみてくださいね。

 

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

・動画:三日月のポーズが苦手な人へ【お腹の伸ばし方・腕の上げ方のコツについて】

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

zoomによるオンラインレッスンをはじめました。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です