完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

練習しても肩甲骨の動きが硬い人へ【ポイントは鎖骨です】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は練習しても肩甲骨が硬い人に向けた、肩甲骨を動かす為のコツについてお話します。

 

結論からいうと、【鎖骨】を意識することです。

一般的にはあまりなじみがないと思うのですが、実は鎖骨と肩甲骨ってつながっているですよ。

「肩甲骨を動かすこと」はとても大切なのですが、身体の背面にあるので感じづらいし動きを確認しづらいです。

 

鎖骨であれば自分の手で動きを確認することができます。

肩を大きく動かす練習をしているつもりでも、鎖骨を触りながら動きを確認してみると動いていないことが多いです。

そこで、鎖骨を意識しながら腕を動かすことで肩甲骨も動きやすくなるためのコツや方法についてお話します。

 

目次

0:00 オープニング

0:14 鎖骨の動きの説明

1:10 鎖骨の動きを感じる基本エクササイズ1

3:00 鎖骨の動きを感じる基本エクササイズ2

3:23 スタジオでの練習の流れ

4:12 ポーズへの応用1(側屈)

4:52 ポーズへの応用2(ゴームカーサナ)

6:13 ポーズへの応用3(ダウンドッグ)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です