完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

サル腕の人へ【肘を守って安全に練習する為の方法について】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はサル腕の人が安全に練習できる為の方法についてお話します。

サル腕だと、腕で支える安定性が弱くなるだけでなく、肘を痛める危険性もあります。

 

 

この改善方法として、レッスンで生徒さんに対して効果の高かったものをご紹介します。

少し前にこんな記事(反張膝の人へ【安全に練習する為の身体の使い方について】)を書いたのですが、基本的な考えは同じです。

 

 

腹筋~胸~手元の筋力強化、力の流れを意識することが大切です。

サル腕の場合、ダウンドッグなどではこういう力の流れになってしまいます。

 

ですが、本当はこういう力の流れにしたいです。

 

 

しかし、腹筋~胸~手元の筋力そのものや力の流れのイメージが弱いとそれが出来ません。

個々の部分の使う感覚を練習して、さらにそれを繋げて行く練習が必要です。

 

 

まずは手元の感覚づくりです。

これはシンプルで、母指球にきちんと力を入れてマットを掴むかどうかで違ってきます。

母指球に力を入れつつ、爪が白くなるくらいしっかりとマットを掴んでください。

それだけでも、手のひらと前腕が連動して胸までの力の流れがつくりやすなります。

 

これをしないと四つん這いで体がつぶれるように感じていた状態も。

 

手でマットを掴むと体が引き上げられる感覚になりますよ。

 

手元の感覚については詳しくはこちらの記事に書いてあるので、良かったら参考にしてください。

ポーズで肩を痛めやすい人必見【手の着き方について】ポイントは一つだけ

 

 

もしそれでも感覚が掴みづらい人はこんな練習もしてください。

この状態から

 

拳を内側に曲げて

 

前に向かせます

そうすると、赤い丸の部分にぷくっと力が入るのを感じられます。

これを10回もやった後四つん這いになってみてください。

何が起きたかよく分かりますよ。

 

 

そうしたら、今度は腹筋からの連携です。

まずは腹筋練習兼つながりの練習。

壁に仙骨を当て、脇の下から手の甲を遠くに伸ばしてください。

仙骨から腕を押しているようにイメージできると良いです。

10秒間行います。

 

感覚が掴めたら、今度は手のひらをひらいて母指球を押し出すようにして同じ力の流れを作ります。

 

それができたら、ネコのポーズで同じイメージで。

 

それができたら、手のひらで押した力で仙骨を押し上げるようにしてダウンドッグに入りましょう。

 

そうすると、逆に仙骨から手元までが繋がって押している感覚が得られます。

 

 

この力の流れが分かると、ただ何となく腕を使っていた時と比べてはるかに肘を守ってくれます。

同時にしっかりと必要な筋肉を使っているので、練習を通じて筋力も培われます。

 

 

ヨガのポーズとは本来こういう役割です。

そのポーズをとることが目的なのではなく、そのポーズに取り組む過程で自分に必要なものを身に着けるきっかけとなってくれるものです。

 

 

「ヨガのポーズで肘を痛めた」のでは実にもったいないです。

「ヨガのポーズのおかげで肘の不安が改善できた」となってください。

とはいえ、改善したいと焦らないようにじっくり取り組んでくださいね。

ポーズは安全と安心の下で取り組むべきものですから。

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:サル腕の人へ【肘を守って安全に練習する為の方法について】

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方など、スタジオに来るのが難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です