完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

バッダ・コーナーサナで頭がつかない人へ【お尻が硬い人でも柔らかくなる為の練習方法】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はバッダ・コーナーサナで床に頭がつかない人に向けたお話です。

バッダ・コーナーサナで体が前に倒せない人は、股関節の動きが悪いです。

 

その時に問題点は2つ。

1,股関節を動かすイメージが違っている 

2,お尻のストレッチ感をつかめていない 

ことがあります。

 

バッダ・コーナーサナに限らず、ヒップオープナー系のポーズでは共通して必要になる感覚です。

今回はバッダ・コーナーサナを通じて軽減法や段階的な練習方法の考え方についても触れているので、バッダ・コーナーサナに限らず自分の目標ポーズに向けて上手く活かしていただければ嬉しいです。

 

目次

0:00 オープニング

0:22 知っておきたい股関節の動かし方のイメージ

1:17 準備ポーズ1:股関節を動かす基本エクササイズ

2:23 準備ポーズ2:うつぶせのハトのポーズ

5:47 バッダ・コーナーサナの軽減法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です