完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

脚前挙について【身体の使い方と段階的な練習方法のご紹介】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は脚前挙の練習方法についてお話します。

体操選手が平行棒の上で当たり前にやっているあれですね。

一般人にはとても負荷の強く難しい運動です。

 

 

でも、難しいからこそ意味があって。

・腹筋の引き込み

・上半身と下半身の連動

この2点についてチェック兼トレーニングの効果があるからです。

 

 

難しい分だけごまかしが効かないので、出来なければ出来ないという親切さがあります。

また、出来るころには十分な強さと使い方が身についていることの確認もできるポーズです。

 

 

脚前挙に向かう練習の中で身につくものは多いです。

今回は段階分けをして練習を紹介するので、自分にできそうなものからチャレンジしてみてください。

 

 

練習は大きく2つのポイントに分けます。

腕の使い方と腹筋の使い方です。

 

 

まずは腕の使い方から。

ネコのポーズで、腰骨から手だと思って地面を押します。

すると、手で地面を押した力がお腹に戻ってくる感覚になります。

これが基本的な腕の使い方です。

 

 

これが分かったら、少しずつ負荷を上げていきます。

膝を前において。

ネコのポーズと同じことを練習します。

 

 

次にブロックを押してお尻を持ち上げる練習をしましょう。

これで3~5呼吸キープできたらOKです。

 

 

次に腹筋の練習です。

内ももを仙骨に張り付けるようなイメージで、腹筋を引き込みましょう。

 

軽減法兼腹筋の基礎練習です。

上の写真の状態から片足ずつ挙げてキープします。

下の足の踵でも地面を押すとサポートになります。

 

後は徐々に脚前挙の形に近づけていきましょう。

ブロックに足を乗せて。

 

壁で足を支えて。

 

手だけブロックで。

 

脚前挙。

 

 

軽減法を使って脚前挙の感覚を掴んでから、そこに必要な部分部分の強化練習を入れていけば良いと思います。

やってみると分かるのが、普通に腹筋で起き上がれる人でも、脚前挙をするとまだまだ腹筋で使い切れていなかったところがあることに気付けます。

そうすると、自分に今までなかった身体の使い方が一つ身につくということでもあるので、単純に強い弱いを越えた効果が得られます。

 

 

脚前挙、少しでも興味のある方は是非練習してみてください!!

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:脚前挙について【身体の使い方と段階的な練習方法のご紹介】

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方など、スタジオに来るのが難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です