完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

前後開脚(ハヌマーン)を楽に効果的に練習する方法【軽減法】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は前後開脚(ハヌマーン)の軽減法についてお話します。

前後開脚を通じて、軽減法の考え方そのものについて理解していただけると嬉しいです。

軽減法が分かると、前後開脚に限らず、全てのポーズの練習が楽に効果的にできるようになるからです。

 

軽減法とは、【そのポーズの練習をより楽により効果的に行う為の方法】です。

少し具体的にしてイメージしやすく言い換えると、【ポーズを長くキープできるようにする方法】です。

 

長くキープできるということは、それだけ余裕があります。

その余裕分、じっくりと自分の状態を観察したり、ムダな力みを抜いたりすることができます。

 

そして、長くできる為には何が必要かと言えば、【基盤を安定させること】です。

今回は前後開脚の練習を通じて、基盤を安定させることで余裕を生み、よりポーズが楽に効果的にできるようになる過程を体験していただければと思っています。

 

目次

0:00 オープニング

0:10 軽減法とは何か?

0:54 前後開脚で基盤を安定させる方法

2:10 ヨガブロックを使わない場合の方法

3:59 軽減法から前後開脚への段階的練習法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です