完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

ダウンドッグで踵がつかない人へ【実利:足首を柔らかくする方法について】【テーマ:「型」の洗練について】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今回は足首を柔らかくする方法についてお伝えします

 

実利でいえば

・足首が柔らかくなる

・ふくらはぎが伸びる

その為、動きでいえば

・踵をついたまましゃがめる

image

・ダウンドッグで踵がつきやすくなる

image

などの効果です。

 

でも、この裏にはテーマがテーマが存在しておりまして。

それは「同じ型の洗練」です。

 

同じポーズや練習だとしても、【できるできない】だけではなく、できた後でも【できる超できる】の世界が存在するのを感じて頂ければ嬉しいです。

その世界を知ることで、ポーズができても慢心することなく、ポーズができなくても工夫のしようで効果的なとり方がある希望を持つことができます。

 

お師匠さまの教えです。

【ポーズは存在しない。洗練させるのみ】

 

 

【簡単・効果的】ふくらはぎのストレッチ方法

さて、それでは最初は見よう見まねで大丈夫なので、こんな練習からはじめましょう。

 

ヨガブロックのへりに母指球をあてて、体重をかけます。

ヨガブロックがなければ、玄関・階段・縁石などの段差で応用可能です。

 

注意点として、膝を逆に折る動きにならないようにしてください。

反張膝ぎみの人は、少し膝を曲げても大丈夫です。

後はこのまま30秒キープしてみてください。

それだけでも、楽になるのを感じますよ。

 

これでそのまま伸びる実感があれば、それでよし。

伸びた人はより深く伸ばせるように。

伸びなかった人はキチンと効果がだせるように。

そんなことができる工夫の仕方について次はお話しますね。

 

ふくらはぎのストレッチ方法が上手くいかない時にやった方が良いこと

このふくらはぎのストレッチ方法についてお伝えしましたが、試してみていかがでしたでしょうか?

image

そのまま伸びればそれでよし。

でも、何だかうまく伸びなかった人もいたのではないでしょうか?

そんな人に向けて、ふくらはぎのストレッチ方法が上手くいかない時にやった方がよいことについてご紹介します。

足の甲を柔らかくすることがポイントです。

 

でも、実は足の甲というよりは、足の指をほぐすことなんです。

このように、足の指は表面に見えているよりもかなり長いです。

 

甲が硬いということは、足の指が開かないということです。

手の甲も同じような作りになっています。

手を開いて手首を曲げるのと比べ、手を閉じた状態だと手首を曲げづらくなるのは感覚的につかみやすいかと思います。

 

ということで、足の指をほぐしましょう。

足の指を引っ張る様に様に回してください。

親指から順番に小指まで、順回し逆回しを5回ずつやるだけでも大分ほぐれますよ。

 

回す時の円すいの頂点が〇の位置にくるように意識してください。

 

終わった後でストレッチをやると楽になっているのを感じられますよ。

ちょっとした工夫や準備をすると、やりづらいと思っていた方法が楽になることを実感していただければ嬉しいです。

最後はここから更にもうひと工夫つけて、もう一段回ふくらはぎのストレッチと理解を深めていきましょう。

 

簡単で効果的なふくらはぎのストレッチ方法の洗練とダウンドッグへの活かし方

ここまでふくらはぎのストレッチを洗練させてきました。

ここでもう一段回深めていきましょう。

これからやる方法で、本当にちょっとした工夫だけでも深まることが分かるので面白いですよ。

 

その前にストレッチ方法のおさらいです。

こんな感じで母指球をヨガブロックのへりに当てて体重をかけます。

ヨガブロックがない場合は、玄関・階段・縁石などの段差を使って代用可能です。

 

注意点は膝を逆に折らないように。反張膝などで不安な人は少し膝を曲げましょう。

 

さて、ここからが新しいやり方です。

体重をかける前に、足の甲をすねに引き付けるように力を入れて下さい。

 

手や軸足で支えつつ、甲を引き上げつつ体重をかけていきます。

 

これは、力を入れた方と逆側の筋肉が緩むという性質を利用しています。

力こぶを作った場合、二の腕には力が入れにくいのと同じです。

 

すると、体重が乗る力と引き上げる動きでカウンターのようになるので、深く入りやすくなります。

 

30秒伸ばした後、ダウンドッグを比べてみると、違いが明確で面白いですよ。

 

ちなみに、ダウンドッグの時もこのテクニックをとりいれてみましょう。

足の甲を引き上げることを通じて腹筋も引き込みます。

 

その引き込んだ感覚を維持しながら、手で押す力で脚全体を落とすようにします。

感覚的には踵ではなく土踏まずでマットを踏むようにするとよいですよ。

すると、自然に踵が落ち着いていきます。

 

同じふくらはぎのストレッチ、ダウンドッグであっても、やり方次第でそこから受ける影響は変わってきます。

自分が目指す取り組みで何か行き詰ったとしたら。

がむしゃらに取り組むのではなく、準備や工夫によってもっと楽で効果的なことがあるかもしれないという可能性も探してみてくださいね。

 

今回、写真や文章だけだと難しい部分も多いと思うので是非動画もご覧ください。

 

目次

0:00 オープニング

0:22 テーマについての説明

1:49 簡単で効果的なふくらはぎのストレッチ方法

5:17 ふくらはぎのストレッチで伸びを感じない時にやるとよいこと

8:11 簡単で効果的なふくらはぎのストレッチ方法の洗練

10:35 ふくらはぎのストレッチ方法のダウンドッグへの活かし方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です