完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

ストレッチとヨガの違いについて【伸ばすのではなく緩める】前屈を通じて

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はストレッチとヨガの違いについて、前屈に向かう練習方法を通じて説明していきます。

 

まずは前提となる基本の知識から。

 

ストレッチは【伸ばす】ことを目的としています。

しかし、それは時に硬くなる原因となってしまいます。

【筋肉が緊張して突っ張った状態】=【伸びている】と勘違いが起こってしまうからです。

目標とすべきは【伸ばす】ではなく【緩ます】です。

ヨガの練習は【緩ます】ことを目的に練習します。

 

実は、そもそも【伸びる】という能動的な働きは筋肉にはなく、【縮む】か【緩む】しかありません。

緩まった筋肉が他の筋肉の動きや外力によって受動的に【伸びた状態】になることはあります。 その為、ヨガでは伸ばすことに重きを置きません。

全身を心地よく力強い状態に持っていくだけです。

もちろん、結果として伸びることはありますよ。

その場合も、突っ張っている訳ではなく、【気持ちよく伸びる】が大前提です。

 

それでは、実際の練習方法を通じて意識していきましょう。

 

通常、ベルトワークでは伸ばす為に足を上にひっぱります。

 

これを仙骨周りを緩めて床に沈めるようにイメージしてください。

 

必要であれば、反対側の膝も立てると緩ませやすいです。

 

仙骨が緩んで床にペタッと落ちた感じになったら、ゆっくり5回ずつ回します。

 

終わった後でシャバーサナをして、緩めた方の仙腸関節が沈んでいる感覚になれば成功です。

 

 

仙骨が緩む感覚が掴めたら、前屈に向かっての応用をしていきましょう。

 

今度はイスや台によりかかって、こんな感じで腰を揺らしながら回します。

 

ただし、骨盤全部を意識するのではなく、仙骨だけを動かすイメージがよいです。

ベルトワークの時よりも難しく感じます。

両足になることと、上半身の重みがかかるので、コントロールが難しくなるからです。

ただ、これで仙骨周りが緩む感覚が掴めると、前屈での応用はもう一息です。

 

 

いよいよ前屈です。

 

通常、脚を伸ばすイメージで前屈しがちです。

 

ここもやはり仙骨を意識します。

 

肘を抱えて、こんな感じで揺らしながら回ります。

 

回した後で仙骨周りを緩めながら上半身の重さで落としていくと、前屈が深まっているのを感じられますよ。

 

この辺は動画で見た方が分かりやすいので、詳しく知りたい方は動画でご覧ください。

目次

0:00 オープニング

0:23 ストレッチとヨガの違いについて

1:18 筋肉には【縮む】か【緩む】かしかない

2:44 仙骨周りの緊張を緩めるベルトワーク

6:28 イスを使った仙骨周りの緊張を緩めるエクササイズ

8:10 伸ばさずに緩める前屈の方法

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です