完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

シークエンスについて【ポーズの配置の意味を考えると効果が上がるし楽しくなる話】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今回はシークエンスについてのお話です。

シークエンスとは【つながりのある連続性】のことで、単なる【順序・順番】とは違います。

単体よりも連続する事でより効果を発揮するものです。

ただの石を枯山水に、音を曲にするもの。

それがシークエンスです。

 

シークエンスのことが分かると、ポーズとポーズのつながりが見えてきます。

グループレッスンでは一つ一つのポーズをこなすだけなく、連続するポーズの流れの心地よさを楽めるようになります。

また、自主練習においては準備ポーズや軽減法を思いつきやすくなります。

 

練習が効果的にも楽しくもなるシークエンスの話、お楽しみあれ。

 

目次

0:00 オープニング

0:08 シークエンスとは何か?

1:38 パリヴリッタ・ジャーヌシールシャーサナの課題から考えてみる

3:04 意識の違いで側屈の効果が全く違うものになる話

4:46 側屈とパールシュヴァコーナーサナとのつながり

6:46 パールシュヴァコーナーサナとパリブリッタ・ジャーヌシールシャーサナと開脚のつながり

8:05 まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です