完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

毎日できる簡単5分ヨガ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

生徒さんから『毎日できる短いシークエンスを紹介して欲しい』とのリクエストがあったので、今回はそれにお答えした内容です。

 

初心者や硬い人でもできるようにシンプルな内容ですが、ヨガの基本的な要素がひと通り入っています。

全部で5分ほどで心身に負担のない内容なので、毎日の練習に取り入れてみてください。

 

本格的なポーズの練習をする前のウォーミングアップとしても効果的です。

 

この記事がお役に立てる人

✅ラジオ体操くらいの運動を探している人

✅自分でシークエンスを考えるのが苦手な人

✅身体が硬いけどヨガに興味がある人

✅ヨガ初心者の人

 

この記事が必要ない人

✅動きの激しいヨガが好きな人

 

やり方

共通する動き

・鼻で吸って口で吐く

・一つのポーズにつき3~5呼吸繰り返す

・腹筋の力を抜かないこと

 

1,タダーサナで立つ

画像1

足は腰幅、膝を正面に向けて楽に曲げられるポジションをとる

膝に合わせてつま先の向きは多少乱れても気にしない

 

2,深呼吸

息を吸って胸を広げる

画像2

吐きながら肋骨も締めながら体を丸める

画像3

 

3,グー背伸び

息を吸って背伸びをする

画像4

吐きながらおじぎをする

画像5

 

4,開脚前屈

足を肩幅の2倍程度に広げて立って、息を吸って胸を広げる

画像6

息を吐きながらおじぎをする

画像7

 

5,ツイスト

息を吸いながら腕を左右に伸ばす

画像8

息を吐きながらひねる

画像9

その位置からまた息を吸って手を広げて吐きながらひねる

画像10

3~5呼吸したら、吸う息に合わせて正面に戻って反対側もひねる

 

6,股関節のストレッチ

息を吸いながら胸を広げ、股関節の前側を伸ばす

画像11

吐きながらおじぎをする

画像12

3~5呼吸終わったら、足を変えて行う

 

以上、実際にやってみると約5分の内容です。

呼吸、前屈、後屈、ツイスト、ヒップオープナー、立位など色々な要素がこの短いシークエンスの中に入っているので、終わった後に全身の血行が良くなっているのを感じられますよ。

 

動画で見たい人はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です