完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

開脚で頭はつくけど胸がつかない人への練習方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は開脚のお話です。

 

開脚前屈の時に、頭はつくけど…

 

胸をつけることが出来ない人に向けて練習方法をご紹介します。

 

ポイントは背骨の動きを意識することです。

その為にハーフドッグから入ります。

ハーフドッグで背骨をしならせる動き、背骨を伸ばす動きを身につけて、それを開脚でもできるようにするのが練習ポイントです。

この時に大切なのが背骨をどう意識するかです。

 

多くの場合、腰までで背骨の意識が止まってしまっています。

 

すると、背骨の動きは小さくなります。

膝を曲げてもよいので、仙骨までが背骨だと意識して動かしてみてください。

 

ハーフドッグで背骨がしなる感覚がつくれたら、後は徐々に形を開脚に近づけていきます。

 

開脚してハーフドッグ。

 

開脚してダウンドッグ。

 

ブランケットに乗って股関節を動かしやすくしてから、ブロックを使って遠くに歩くようにして背骨を伸ばします。

 

最後はブロックをとって開脚です。

 

股関節を動かそうとしも、背骨の動きが固まっていると股関節は動いてくれません。

逆に、背骨の動きが柔らかくなれば、一緒に股関節の動きもよくなります。

自分では中々気付きづらいポイントなので、意識して練習してみると違いを感じて面白いですよ。

 

詳しくは動画でご確認ください。

 

目次

0:00 オープニング

0:19 ハーフドッグの時の背骨の使い方について

1:24 準備ポーズ:ハーフドッグから開脚に入るまで

3:08 開脚前屈の形での練習方法

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です