完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

お尻がカッチカチに硬い人でも伸びを感じられる効果的なストレッチ方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はお尻がカッチカチで、ストレッチをしても突っ張ってしまうだけで伸び感を感じられない人に向けたストレッチ方法をご紹介します。

 

例えばイスに座ったこんなストレッチ。

 

硬い人はお尻が引っかかってしまって前に倒せません。

そんな時どうするか??

 

こんな風に、いったんお尻側に体重をかけます。

 

そこから膝の外を通って大きく円を描くように前に向かって倒れてみてください。

 

すると、直接前に倒れた時と違って身体も倒れるし、何よりもお尻の奥の伸び感を掴めるのが大きいです。

 

同じ事をうつ伏せのハトのポーズでも体験してみましょう。

 

お尻が硬い人は直接伸ばすと弾かれてしまうので…

 

こんな体勢から入ります。

 

体重をお尻にかけて。

 

イスでのストレッチと同じく、膝の外を通って大きく円を描くように前に向かって倒れてみてください。

 

すると、うつ伏せのハトのポーズでも身体を倒しやすくなるのが実感できると思います。

 

ポイントはお尻の上に乗った時に、下っ腹に力の入った状態を作っておくことです。

レッスンではお尻の硬い生徒さんに対してかなり効果のあった方法なので、お尻の硬い人はヒントの一つとして試してみてください。

 

詳しくは動画でご覧ください。

 

目次

0:00 オープニング

0:52 イスに座ったお尻のストレッチ方法

2:16 うつ伏せのハトのポーズのバリエーション

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です