完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

【肩こり改善の為の首のストレッチ方法】硬い人でも気持ちよく伸ばす為のひと工夫

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は首のストレッチ方法の紹介です。

肩こり改善の為に首のストレッチは効果的です。

 

 

でも、あまりにコリがひどい場合はストレッチをしても気持ちよく伸びてはくれません。

引っ張る様にしてしまうと逆に緊張させてしまう事すらあります。

そこで、首の硬い人が気持ちよくストレッチ出来るようになる為のひと工夫について説明します。

 

 

まずは首のストレッチをやってみましょう。

反対の手で頭を持ちます。

そのまま引っ張らずに、両方の手の重みでゆったりと伸ばします。

30秒、もしくは5呼吸伸ばしましょう。

ただ、最初は10秒だけでも大丈夫です。

固まっていた筋肉に刺激を入れるだけでも意味があるからです。

 

 

これでスッキリするようであれば、問題なし。

このストレッチをしてください。

 

 

もしこれで気持ちよく伸びる感覚や、伸ばした後スッキリする感覚が掴めない場合は、今から紹介する手順で伸ばしてみてください。

 

 

1、ほぐす

まずは硬いところをほぐしましょう。

セルフマッサージですね。

 

こんな風にキツネの手を作ります。

中指と薬指でほぐします。

これは直感的に硬いところをほぐす感覚で大丈夫です。

ピンポイントというよりも硬い部分を広い範囲でほぐします。

なんとなくで大丈夫。完全にほぐれなくても大丈夫。

「最初よりもちょっとほぐれたな~」と変化を感じられれば十分です。

伸ばすだけだと気付けなかった硬さを知る事自体にも価値があるからです。

 

 

 

2、動かす

先ほどほぐした時に緩み切らなかった硬い箇所を押さえます。

押さえたままゆっくりと腕を回します。

順回し逆回しをしながら、これも数は適当で大丈夫。

動かしてみると分かりますが、動かす事で硬い箇所がより刺激されます。

そして、動かしている内に最初固まってギュッとなっていた部分が段々とふわふわしてくるのを感じられてきます。

これで硬すぎて今まで反応のなかった所に刺激が入れやすくなりました。

 

 

3、伸ばす

準備が出来たところでもう一度伸ばしましょう。

最初と全く同じやり方で大丈夫です。

反対の手で頭を持ちます。

そのまま引っ張らずに、両方の手の重みでゆったりと伸ばします。

さっきは10秒だった人も、今回は30秒、もしくは5呼吸伸ばしてみてください。

それだけの余裕が生まれていると思います。

 

 

最初と同じやり方なのに、最初と違う感想になると思います。

「気持ち良く伸びた」という感想に。

 

 

これが首のストレッチのひと工夫です。

「肩こりが頑固で、ストレッチしてもなかなか変わらないよ~」

なんて思っている人は是非お試しください。

 

 

この内容は動画でも説明しているので、良かったらこちらをどうぞ。

・動画:【肩こり改善の為の首のストレッチ方法】硬い人でも気持ちよく伸ばす為のひと工夫

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です