完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

どんなポーズも出来るようになる必殺技【軽減法について】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は軽減法についてお話します。

 

軽減法とは、ポーズの効果をより受け取りやすくする為のものです。

分かりやすく言い換えると、そのポーズを楽に(=より心地よくより力強く)キープできるようになるためのものです。

 

例えば、ダウンドッグをする時に手の下にブロックを置くのが軽減法です。

 

軽減法と似たものに準備ポーズがあります。

準備ポーズも軽減法の一種です。

ダウンドッグの前にハーフドッグをするのが準備ポーズです。

ハムストリングスのストレッチをしたり。

ふくらはぎのストレッチをしたり。

 

軽減法と準備ポーズの違いとしては

・元のポーズの形のまま楽にする→軽減法

・ポーズを分解して楽にする→準備ポーズ

とイメージすると分かりやすいかと思います。

 

それでは実際に5つのポーズの軽減法についてご紹介しますね。

 

ダウンドッグの軽減法

ヨガブロックのへりを手根で押しながらポーズに入ると、高さ分の余裕と地面を押す力が増えることでポーズが楽になります。

 

コブラのポーズの軽減法

ヨガブロックを二つ使って

その上に乗ってコブラのポーズをします

体を持ち上げることが楽にできるので、力みが抜け首や胸周りを伸ばすことに集中できます。

 

橋のポーズの軽減法

仙骨の下にブロックをおきます

 

一度上げた状態で落ち着いて背中や足のポジションを作り直す余裕があります。

そこからもう一度持ち上げると、地面から上げるよりも高くあがります。

 

足を伸ばすことで、お尻や太ももの裏の力を強くだせます。

 

また、ブロックを積み重ねて高い位置でリラックスすることもできます。

 

戦士のポーズ2の軽減法

カップハンズで壁を支えます。

手で壁を押すことで、太ももの負担が減ります。

また、壁を押した力を使って体を開く動きがしやすくなります。

 

うつ伏せのハトのポーズの軽減法

体を前に倒して、浮いた分をブランケットなどを敷いて埋めます。

お尻が浮いた状態だと緊張したまま伸ばすことになってしまうので、硬くなります。

お尻をブランケットに落ち着けて伸ばすことで、楽に気持ちよく伸ばせるようになります。

 

まとめ

ポーズができることを目標にしてしまうと、つい焦って無理をしてしまいます。

ポーズが【楽に=心地よく・力強く】できることを目標にすることで、焦らずじっくりと自分に適した練習を探せるようになりますからね。

 

これから練習をしようと思った時に、気持ちが後ろ向きにならずに前向きになれるような練習をしてくださいね。

みなさんの練習が心地よく力強いものとなりますように。

 

動画で見たい人はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です