完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

パリヴリッタ・ジャーヌシールシャーサナ【側屈が苦手で足が持てない人へ】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はパリヴリッタ・ジャーヌシールシャーサナについてのお話です。

 

ジャーヌシールシャーサナはできるのに。

 

パリヴリッタ・ジャーヌシールシャーサナになると側屈ができずに足が持てない人に向けたお話です。

 

また、通常バージョンならできるけど、このバージョンだと難しく感じている人にもお役に立てる内容です。

 

 

なぜジャーヌシールシャーサナで足が持てないのか?

今回はジャーヌシールシャーサナがすでにできる人の向けたお話なので、下半身の柔軟性が問題ではなくなります。

 

なぜできないかといえば、伸ばす側のわき腹だけを意識してしまっているからです。

それよりも、畳む側のわき腹を意識して、腹筋を使ってしっかりと胴体を動かすようにしてください。

 

パリヴリッタ・ジャーヌシールシャーサナの練習方法

それでは、わき腹を使いながらパリヴリッタ・ジャーヌシールシャーサナに入っていく練習方法です。

 

上腕を外旋させて、遠くに伸ばします。

 

上腕を外旋させながら腕を遠くに伸ばすと、腹筋を畳んでいる感覚が掴めます。

 

その状態から上腕で内ももを押してください。

すると、わき腹の力は入ったままで、脇の下から胸が上がってきます。

 

そこから前腕をひっくり返すと、足が楽に持てます。

 

上げる手をそのまま横から上げるとわき腹がひっかかってしまう人は。

 

上腕を外旋させながら前から手を上げてください。

 

すると楽に足が持ちやすくなりますよ。

 

上級バージョンの練習方法

上級バージョンだとこのように引っかかってしまう人は。

 

まずは下の手から。

先ほどと同じように、上腕を外旋させながら反対側の膝に向かって手を伸ばします。

 

前腕をひっくり返して膝を持ちます。

 

ここで注意が必要です。

膝を持つ前腕に引きずられて、上腕が内旋しがちです。

膝を持ったまま肘を下に向かわせることで上腕が外旋した状態を保てます。

すると、わき腹を畳んだ状態が保てます。

 

上の手は先ほどと同様、上腕を外旋させながら前から上げていって。

 

足を持ちに行きましょう。

楽につかめるようになります。

もしつかめなかった時も、効果的な練習はできるようになっているので、後は練習を積み重ねればつかめるようになりますよ。

 

動画で見たい人はこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です