完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

サイドプランクが苦手な人へ【パワー系ポーズの基礎】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はサイドプランクが苦手な人に向けての記事です。

この記事を読むことで

・サイドプランクができるようになります。

・まだ今は難しい人でも、効果的な練習ができるようになります。

・パワー系ポーズの基礎(考え方、練習の仕方)が身に付きます。

 

 

直接的にはサイドプランクについてのコツを書いています。

でも、本質的にはサイドプランクを通じてパワー系ポーズの基礎を学ぶものだと思ってください。

 

 

サイドプランクができない人の特徴です(なぜできないか?)。

・腹筋が抜けている

・段階的な練習をしていない(軽減法を使わない)

・力の流れを意識していない(肩に負担がかかり過ぎている)

 

 

という事は、できるようになる為にはそれを改善すればいいんです。

練習方法

1、腹筋に力を入れる

2、壁を使って力の流れを確認する

3、サイドプランクの形で力の流れを確認する

 

 

〇腹筋に力を入れる

腹筋の抜けたままプランクをしてしまうので、ぐらついてしまいます。

・立って仙骨と下っ腹で押し合う

・プランクの形でも意識する

四つん這いで下っ腹と仙骨で押し合って

そのままプランクへ

 

 

〇壁を使って力の流れを確認する

・肩があがると上手く壁を押せない

・脇の下から人差し指の付け根に力が入る様に押す

・そのまま押して反対のあばらを持ち上げる

 

 

〇サイドプランクの形で力の流れを確認する

・補助を入れつつ簡単なものから力の流れを確認する(段階的な練習)

1、肘つき足つき

2、足つき

3、サイドプランク

 

 

〇サイドプランクからの発展

サイドプランクに必要な要素を全てしなくてもサイドプランクは出来てしまいます。

発展した動きまでしてみることで、サイドプランクを洗練させましょう。

・片手腕立て伏せ

・下の足上げ

・上の足ふり

 

 

 

全てのパワー系ポーズの練習の基本です。

・腹筋を抜かない

・力の流れを意識する(一か所を力ませ過ぎず、身体をなるべく連携させて使う)

・軽減法を使って段階的に練習

 

 

今すぐそのポーズができなくても、今すぐそのポーズの効果的な練習はできます。

今の自分にあった方法を探しましょう。

それを見つけること自体もまたヨガの練習の一つですから。

 

 

でも、全部自分で探す必要もありません。

こうした記事をきっかけに気付くことも、自分で見つけたことの一つなので大丈夫ですよ!(^^)!

 

 

この内容は動画でも説明しています。

動画:サイドプランクが苦手な人へ【パワー系ポーズの基礎】

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

zoomによるオンラインレッスンをはじめました。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です