完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

バッタのポーズで足を上げたい人へ【ポイントは脇の下】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はバッタのポーズで足を上げようとした時にお尻や腰が詰まって上がらない人が。

 

しっかりと高く上げられるようになる為のコツと練習方法についてお話します。

 

先にポイントをお話すると、タイトル通り脇の下を使うこと。

どう使うかといえば、「脇の下で地面を押して、脇の下から足だと思って持ち上げるよう」にしてください。

 

 

もし今日の内容がイメージしづらかった場合は、こちらを先にご覧いただけると分かりやすくなると思いますのでよかったら参考にしてください。

動画:一本脚のダウンドッグで足を高く上げたい人へ【コツと練習方法について】

 

 

 

〇練習方法

最初に手で脇の下から押す感覚を作る練習をします。

ハーフドッグから片足をあげて、壁を押す力で足を遠くに伸ばすように上げてください。

この時、「脇の下から手」「脇の下からが脚」というイメージですると、脇の下を支点の写真のような伸び方になります。

もしこれが難しい場合は、脚の高さを低くして問題なので、力の流れを感じることを最優先に練習してください。

※今回紹介している全ての練習は3~5呼吸キープしてください。

 

 

上の練習で感覚を掴むことができたら、うつ伏せで壁を押して同じようにします。

この時、地面についている足でマットを押すようにすると、足を上げる力の補助になりやりやすいです。

 

 

上の感覚ができたら、片足のバッタのポーズを行います。

手のひらで押した力を脇の下に伝え、脇の下で押した力、足の爪で床を押した力を上げる足に伝えます。

 

 

最後に軸足の補助をなくして両脚とも上げればバッタのポーズです。

 

 

ハーフドッグのバリエーション(ウォーリア3とも言えますね。)と。

バッタのポーズが同じ力の流れだとイメージ出来れば当たりです。

 

 

そのポーズ自体ができないとしても、必ずできそうな似た形のポーズは存在します。

目標のポーズの要素を取り出して、練習の効果を実感できるポーズの形で練習しましょう。

そうすれば、練習自体は無理のない形でできるようになり、徐々に目標の形に近づけていければよくなりますから。

 

 

自分にとって気持ち良くて力強くて、そして何より楽しい練習を探しながら取り組んでみてくださいね!!

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:バッタのポーズで足を上げたい人へ【ポイントは脇の下】

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方など、スタジオに来るのが難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です