完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

ハイヒールを履くのが苦手な人へ【必要な筋肉の鍛え方について】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日はつま先立ちに必要な筋肉の使い方、鍛え方についてお話します。

 

 

そして、つま先立ちが出来るようになると、ハイヒールを履くのが上手になります。

僕自身はハイヒールを履くことがありませんが、ハイヒールが苦手な生徒さんにつま先立ちのコツを教えてあげるとハイヒールが上手に履けるようになったので、その方法についてシェアしますね。

 

 

足元の使い方に関しては以前にブログで書いているのでこちらを参考にしてください。

【つま先立ちが苦手な人へ】足元(足の指・土踏まず)の強化方法

 

 

 

今日は、足元以外で必要な筋肉の使い方・鍛え方についてお話します。

必要な筋肉とは、お尻と太ももの裏です。

ハイヒールが苦手な人は、ここの筋肉に力を上手く入れるのが苦手です。

 

 

まず練習方法兼チェック方法を通じて、自分の状態を確認しましょう。

 

母指球と小指球を壁に当てて押します。

この時にお尻と太ももの裏に力が入っていれば当たりです。

弱くても力の入る感覚さえあれば、このまま壁を押すことがハイヒールを上手に履く為のトレーニング方法になります。

最初は10秒だけでも良いトレーニングになりますよ。

 

 

もし、これで力の入る感覚が掴めなかった人は、それぞれ分けて練習をしましょう。

 

〇太ももの裏の強化方法

1、下っ腹に力を入れる

2、下っ腹に力を入れたまま膝を曲げる

3、それを反対側の足で抵抗をかけた状態でやる

これを5~10回行ってください。

最初はつりかけるので、ゆっくりやってくださいね。

終わった後で立ってみると、しっかりと太ももの裏を使えているのが感じられますよ。

 

 

〇お尻との連動の強化練習

次はお尻とのつながりを強くする練習です

一本脚のダウンドッグの軽減法です。

 

母指球と小指球を上から引っ張られるように持ち上げてください。

このまま10秒キープします。

 

これで使う感覚が掴めたら、上げたり下げたりを10回繰り返します。

 

 

ここまでやった後でこれに戻ると、力が入りやすくなっているのを感じられますよ。

 

 

使う感覚さえわかれば、これに似た動きは全て良いエクササイズとなります。

例えば、ヨガのポーズなら橋のポーズ。

 

ポーズではないですが、こんなエクササイズも効果的です。

 

 

つま先立ちが上手になると、ハイヒールに関係なく立ったり歩いたりも上達します。

今まで使えていなかった筋肉が生活の中で培われていくので、これはかなりお得です。

苦手な人は是非取り組んでみてください!

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:ハイヒールを履くのが苦手な人へ【必要な筋肉の鍛え方について】

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方など、スタジオに来るのが難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です