完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

まずは「気持ちよい」を考えてみよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

「どうすればそのポーズが出来るか」ではなくて。

「どうすればそのポーズで気持ちよさを感じられるか」を基に発想しましょう。

そうすると、取り組み方が自然と変わってきます。

気持ちよい上で「力強さを感じる為にはどうしたらよいか」を考えると、自然とポーズの完成に近づいています。

 

 

例えばこんな事がありました。

 

三日月のポーズ(腸腰筋のストレッチ)をした時。

本当は後ろ足の付け根を伸ばしたい所なのですが、前足側の付け根やお尻の詰まりや引っかかりが気になって伸ばしづらさを感じていた生徒さんがいました。

こんな風に前足を少し開いてもらったら問題なく上手く伸ばせました。

動画だとこんなイメージですね。

 

まずは気持ちよくなる工夫をしていきましょう。

その後、足を閉じれば良いのです。

 

実際には上半身はイスに寄りかかって、とにかく楽な状況をつくってもらいました。

余裕が出たら少しずつ難しい条件にしていけばいいんです。

誰でも、その人のその一瞬ごとに合ったポーズのとり方が存在します。

それを探しましょう(^^)/

 

身体の硬い人はいません!

柔らかくする使い方や練習方法を知らないだけ!!

知ればできる!!!

 

みなさんの練習が心地よく力強くなりますように。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です