完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

船のポーズ(ナヴァーサナ)が苦手な人へ【コツと練習方法について】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今日は船のポーズ(ナヴァーサナ)が苦手な人へ向けた内容です。

身体の使い方のコツと、苦手な人でもできるように段階的な練習方法についてご紹介します。

 

 

まずは体育座りから

後ろに転がって

また起き上がるという練習をしましょう。

 

もしこれがまだ苦手だという人は、この動画を参考にしてください。

・腹筋が一回もできない人への簡単練習法

 

 

同じことを今度はスネをもってやります。

 

スネで押さえた手を押しながら起き上がってください。

 

寝た状態から反動なしで起き上がれるようになるのが目標です。

 

 

それができたら、今度はヨガベルトを使って腹筋をします。

ない人はタオルなどでも大丈夫です。

ベルトを母指球と小指球のラインに引っ掛けて、そこを押しながら起き上がります。

壁を使うのも良い方法です。

 

 

それができたら、この形で押します。

ベルトを使った船のポーズですね。

 

なんで押すのが大切かというと、固定されたものを押すことで力が反作用で腹筋まで戻ってくるからです。

 

それができたらこう。

太ももの裏を押します。

 

その感覚を保ったまま手を離して。

この時、壁を支えにするのもありです。

 

脚を伸ばせば船のポーズの出来上がり!

 

 

船のポーズができるかどうかの前に、まずは腹筋に力が入る感覚を掴んでください。

そこから、段々となるべく船のポーズに似た形で腹筋に力を入れる練習を積みかねていけばできるようになりますよ。

 

 

実際に腹筋が苦手な生徒さんもこの手順でできるようになっているので、地道に地力をつけてくださいな(^^)/

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:船のポーズ(ナヴァーサナ)が苦手な人へ【コツと練習方法について】

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

zoomによるオンラインレッスンをはじめました。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です