完全予約制

身体の硬い人はいません!いるのは身体の硬くなる使い方をしている人だけです!!

マーメイドポーズはできるけどハトのポーズができない人へ【コツ・軽減法・ポーズの入り方】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

今回はマーメイドポーズはできるのにハトのポーズになるとできなくなってしまう人に向けた動画です。

 

マーメイドポーズはできる

ヨガベルトを使った軽減法もできる

けれどもハトのポーズになるとできない

こういった場合、何が起きているのでしょうか?

どんな練習をすればよいのでしょうか?


ポイントは2つ

・胴体を動かすこと

・ハトのポーズをとることでの効果を意識すること 

です。

 

なんとかハトのポーズをとろうとすると、動かしやすい肩を動かしてしまうため、逆に練習が進まなくなります。

マーメイドポーズをハトのポーズの準備ポーズとして、ハトのポーズがもつ効果をより発揮させやすいポーズとして扱った時、マーメイドポーズとハトのポーズがつながります。

 

ハトのポーズのみならず、全てのポーズに共通する練習に向けての考え方にもなっているので、参考にしていただければ嬉しいです。

 

目次

0:00 オープニング

0:48 マーメイドポーズはできてハトのポーズはできない理由と練習のヒント

2:45 ハトのポーズのの軽減法

5:14 ハトのポーズへの入り方

6:43 まとめ

 

 

今回に向けての参考動画

・三日月のポーズが苦手な人へ【ストレッチとヨガの違いと練習方法】

この記事を書いている人 - WRITER -
芹澤 宏治(せりざわ こうじ)
前職では、ストレッチのパーソナルトレーナーとして10年間でのべ30000人以上の指導を経験。 ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。 身体の硬い人の為のヨガインストラクターとして、のべ10000以上のパーソナルレッスンを経験。 身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー、プロボクサーなどへの指導も行っている。 メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。 著書の「夢の360°開脚を叶える本」は発行部数6万部を越える人気となった。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です